細野茂之氏 平成22年 ゆめ半島千葉国体優勝

ゆめ半島千葉国体馬術競技において私、細野茂之はメルクウェッヒ号を駆り、成年男子国体総合馬術競技

と成年男子ダービー競技に出場し、両方において優勝することが出来ました。

国体総合とは馬場馬術競技と障害飛越競技の合計成績で争われ初日の馬場馬術では63.95%で暫定3位

でしたが2日目の障害競技を無過失でゴールして上位の大阪府の選手(昨年優勝者)と地元千葉県の選手

にプレッシャーを与えました。両者ともに優勝を意識してか共にミスによる落下があり、この結果私の6年

ぶりの優勝が決まりました。

続いて行われたダービー競技、これは通常の障害物に若干自然木などを加え距離を約二倍にしたいわば

中距離走的な障害飛越競技です。私は前の競技で勝てたのでいつも以上に積極的に攻めて乗ったのが

コンディションの悪い馬場に吉と出て無事減点0でゴール出来、優勝決定戦を待ちました。しかし後続の選手

にミスが目立ち、昨年優勝人馬や地元千葉県の選手も崩れていき結局最後まで無過失で走行したのは

私達だけで優勝決定戦をせずに逃げ切りの優勝となりました。

1日に2勝16ポイントの獲得は馬術競技では新記録のようです。